女性ホルモンの分泌を助ける食べ物で女性らしい体型をつくる

女性ホルモンの分泌を助ける食べ物で女性らしい体型をつくる

女性らしい体型を作るためには女性ホルモンの力が必要です。女性ホルモンは食べ物の影響を受けるので、バストアップをするためには女性ホルモンの分泌を助ける食べ物を摂取することが大切です。では、バストアップにはどんな食べ物がよいのでしょうか。

 

大豆

 

大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンのような働きをする作用があります。

 

女性ホルモンが少ないときには働きを助け、多いときには働きを調整します。納豆、豆腐、豆乳、味噌、ゆばなど大豆製品全般から摂ることができます。
イソフラボンのサプリメントもありますが、サプリメントは過剰摂取が心配です。サプリメントを利用する場合は、1日の摂取量を守ってください。

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6は女性ホルモンのエストロゲンの代謝に働きかけてホルモンのバランスを整えます。ビタミンB6はカツオやマグロに多く含まれています。

 

大豆もビタミンB6が豊富な食品で、大豆ならビタミンB6とイソフラボンを同時に摂取できます。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモンのバランスを整えます。ナッツ、アボカド、かぼちゃ、オリーブオイル、うなぎなどに多く含まれています。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂ると吸収がよくなります。

 

ビタミンEには抗酸化作用もあり、卵巣や子宮を活性酸素から守ってよい状態を維持してくれます。

 

脂肪分

 

ホルモンの合成にはコレステロールが必要です。コレステロール値を気にしてコレステロールが多い食品を控えている方もいるかもしれませんが、女性ホルモンのバランスを整えてバストアップするためには必要です。

 

コレステロールの70%ほどは肝臓で作られています。食事で多く摂った場合は肝臓での合成が少なくなってバランスを摂ります。

 

卵はコレステロールが多い食品です。タンパク質やビタミンB群、鉄分などバストアップに必要な栄養素を豊富に含んでいます。バストアップをしたい場合は、1日1個は食べるとよいでしょう。